結婚式場で働くことを彼氏に話した

基本的に家にいるというのに、掃除をまともにしていなかったので、今日は念入りに掃除をすることにしました。

明日、結婚式場に初出勤するので、その気合を入れるためにも部屋をきれいにしようかなと思ったのです。

部屋をきれいにして出かけると、帰ってきたときにもほっとすることができますからね。

以前、働いていたときは、部屋を散らかしていたままにしていたなあと思います。

掃除をして終わったとき、彼氏から電話がかかってきました。

珍しいなと思って電話に出たところ、これから食事にでも行かないかと誘われたので、ちょっと迷いました。

明日、結婚式場の初出勤だということを考えると、早めに眠りたいと思ったからです。

けれども、せっかく誘ってきてくれたので、食事くらいならと思い、行ってみることにしました。

そこで、彼氏に、明日からバイトをするのだということを伝えて、早めに帰りたいということも話しておきました。

バイトが決まったことを話したところ、彼氏は嬉しそうに、良かったなと言ってくれました。

彼氏はどうも、ずっと心配してくれていたようです。

仕事をやめた経緯については話していて、彼氏も理解を示してくれたのですが、ずっと働かない状態なのもよくないだろうと思っていたようです。

バイトでもなんでもいいから、社会と関わる機会を持っていたほうが、将来的にも良いはずだと思っていたということでした。

働く先が結婚式場なのだということを伝えると、彼氏はびっくりしていました。

そういうフォーマルなところで働いている姿が想像つかないと笑われましたが、良いんじゃないかとも言ってくれました。

ふと、いつかはウェディングドレスを着てみたいなということを言うと、彼氏に「そのうちね」

と言われました。

初めてリアクションしてくれたのでびっくりしたのですが、それ以上の話はなかったです。

明日のことを考えると、彼氏と会うかどうか迷ったのですが、会ってよかったなと思いました。

明日から、結婚式場のバイトを頑張ろうと思えました。

一生懸命働いて、少しでも長く仕事をしていきたいと思っています。